賃貸と持ち家の住居費

住居費、賃貸VS持ち家、どちらが得?

住居費に関して、賃貸と持ち家、どちらが得でしょう?
家を持つとき、賃貸にするべきか、持ち家にするべきか、これは皆んなが悩むとこです。

住居費に関する賃貸のメリットは、修繕費用がかからない、ローンを組まなくて良い、固定資産税を払わなくてよいことです。
一方賃貸のデメリットは、収入がなくなると、家賃が払えなくなり、住む家がなくなることでしょう。

一方、持ち家のメリットは、ローンが終われば、経済的負担が減ります。
また収入が減っても、固定資産税さえ払えれば、住み続けることができます。
デメリットは、ローンを払い続けなければなりません。自然災害に遭えば、修繕費がかかります。

当然ながら「住居費、賃貸VS持ち家どちらが得」については、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらが得?時代でかわる、地域で変わる。

住居費、持ち家と賃貸、どちらが得かは、時代によって変わりますし、住む地域によっても変わります。

例えば、高度経済成長期なら都心部に持ち家を持つことは、資産を作る上でも有効な方法でした。
ローンを組んでも、それに伴って給料も増えました。
バブル崩壊から、デフレ経済になった現在でも、持ち家の価格は大幅に下落することなく、資産作りという点では、十分有効な方法でした。

しかしこれからは、なかなか先が見えない時代です。
変化に対応できるよう、賃貸を選択するのも賢い選択かもしれません。

また、持ち家を買うにしても、経済がどう動くか読めない状況では、ローンを組む場合は、固定金利で借りる方が安全といえるでしょう。
住む地域でいうと、テレワークが進むなか、都会で家を持つメリットが少なくなってきています。
同じ品質の家なら、地方で買った方がグッと安くすみます。

時代に合わせて、状況に合わせて家を選びましょう。

札幌西区の賃貸は一人暮らしで3万円程から借りられる物件があり、一戸建てだと20万円ほどする物件があります。